• ホーム
  • バルデナフィルとシルデナフィルの普及率の違い

バルデナフィルとシルデナフィルの普及率の違い

薬を飲む男性

バルデナフィルは、ED治療薬のレビトラの成分で、勃起不全や満足の出来る性行為が出来ない人にとっては、最高の治療薬の成分となっています。
特徴は即効性がED治療薬の中でも最速となっており、性行為の前に服用するだけで、満足の行く性行為が出来てしまうのです。
作用効果時間は最高で6時間程度となっておりますが、その間は、性的興奮さえ受ければ何回でも勃起する事が出来るのです。
勃起力もほかのED治療薬と比べても強力的な物で、バルデナフィルの成分によって、強制的に勃起させられている感じを実感出来るのです。
シルデナフィルは、ED治療薬のバイアグラの成分で、作用開始時間だけはバルデナフィルより劣るのです。
普及率は、シルデナフィルの方が高く、理由は、国内で一番最初に認可されたED治療薬なので、使っている人もとても多いからなのです。
しかし次に国内認可されたED治療薬のレビトラが出てからは、即効性が強い事が知られて、バルデナフィルに段々と移ってきている状態なのです。
人気もうなぎ上りで、特徴の違いから使うED治療薬を変更している人が多くなってきているのです。
このままいくと、バルデナフィルの方が普及率が高くなる可能性もあるのです。
効き目のほんの少しの違いですが、ED治療薬を使う人にとっては、服用時間が気にならない方が良いので、即効性のある方を選ぶのです。
副作用は両方とも同じ感じですので、作用効果時間の差だけで、選んでいる状態なのです。
またどちらもジェネリック薬として色々出ていますが、ジェネリック薬ではバルデナフィルの方が価格が安く、入手できるので、バルデナフィルの方が普及率が高いと言える状態になります。
使う人の希望により選ぶものが変わってきているのです。

最近の投稿